Coperion K-Tron

スマートフィーディングソリューション

2つとして全く同じプロセスは存在しないため、コペリオンK-トロンは業界で最も多様なフィーディングソリューションを提供しています。スクリューフィーダから振動フィーダ、バルクソリッドポンプ、ベルトフィーダ、液体添加装置、フローメーターにいたるまで、様々な構成であらゆる用途に最適なソリューションを提供します。

特長

  • 広範囲の供給条件に対応するフィーディングツール
  • 信頼性の高い容積式フィーダ
  • 精度の高い重量式フィーダ
  • 特許を取得しているSFT計量技術
  • 最先端の制御システム
  • 製薬、食品業界向けのサニタリーモデル(フードグレード、表面仕上げレベル変更オプション)

業界と用途

私たちは、あらゆる材料と供給条件に対応するための高レベルのソリューションを提供します。扱っているのは紙でしょうか、それともプラスチックでしょうか。食品でしょうか、それとも医薬品でしょうか。業界を問わず、私たちは製造プロセスの中核となるフィーダを提供します。粉粒体が扱われる場所であればどこにでもコペリオンK-トロンのフィーダが存在し、広範囲な用途で使用されています。コペリオンK-トロンでは、チョコチップからグラスファイバー、粉体、樹脂ペレット、ワックス状の液体にいたるまで、あらゆる材料に適したフィーダを提供しています。

多くのモデルで、標準の表面仕上げよりも高い研磨レベルとアーク溶接を用いた特殊仕上げが選択できます。このオプションは、食品業界のアプリケーションに適しています。また製薬業界ではその厳しい衛生条件に対応するために、製薬専用のファーマタイプのスクリューフィーダと振動フィーダを開発しました。

広範な用途に対応するフィーダ

Coperion K-Tron feeder product range
コペリオンK-トロンは、事前供給、供給、バッチ処理など広範囲な用途において、あらゆる粉粒体材料に対応したフィーディングソリューションを提供しています。

核となる供給技術

Coperion feeding technology SFT group
高精度ロードセルSFTは、コペリオンK-トロンのロス・イン・ウェイト式フィーダに実装されています

独自開発の振動ワイヤー計量技術は、「重量が加わった際に振動ワイヤーの張力が変化することにより、振動の共振周波数が変化する」という理論に基づき重量を正確に測定します。与えられた重量から派生した力は、機械的にワイヤーに伝えられます。共振周波数は、重量を決定するために測定されます。コペリオンK-トロンが特許を取得しているデジタル式計量器、スマートフォーストランスデューサ(SFT)では、信号は内蔵のマイクロプロセッサでデジタル重量信号に変換されます。次にその信号は、RS 485によりノイズのない状態でコントローラに伝達されます。すべてのSFTは、0.08秒で400万分の1の質量分解能を実現します。SFTの保証期間は5年です。

Coperion K-Tron KCM Feeder Control Module with LCD display

フィーダの用途がどれほどシンプルであってもまた複雑であっても、お客様の求める性能と価格のニーズを満たすように制御ソリューションを用意しています。
コペリオンK-トロンのSmartConnexTMのコンセプトは、フィーダシステムのコア技術を密に統合する新しい制御環境です。これにより、設置および日常操作のコストが大幅に軽減され、システムの使用とメンテナンスが容易になり、最適なレベルのパフォーマンスが提供されます。複数のフィーダを使用するアプリケーションでは、SmartConnexを使用し、シンプルなフィールドワイヤリング技術を使用して優れたパフォーマンスを発揮するネットワークを形成することができます。

Coperion_K-Tron_feeding_system
幅広い用途で使用されるフィーダ

2つとして全く同じプロセスは存在しないため、コペリオンK-トロンは業界で最も多様なフィーディングソリューションを提供しています。スクリューフィーダから振動フィーダ、バルクソリッドポンプ、ベルトフィーダ、液体添加装置、フローメーターにいたるまで、様々な構成であらゆる用途に最適なソリューションを提供します。

資料のダウンロード

関連トピック

正しいフィーディングソリューションの検討

プロセス機器メーカーは、粉粒体を扱うプロセスで発生し得る数多くの課題に対処するために、膨大な専門知識と多様な供給技術のオプションを開発しました。正しいフィーダの選択とアプリケーションの成功のために、扱う材料の特性、プロセスに必要なレシピ精度、求められる処理能力を把握する必要があります。

粉粒体の流れ方は、材料の特性または粒子の形状によって大きく異なります。1つのフィーダデザインまたは1サイズのフィーダのみで、異なる材料と処理能力の全てをカバーすることはできません。一般的に見られる材料の挙動と、フィーダ機器メーカーがこのような材料を扱うために開発したフィーディングソリューションを、以下の短いリストにまとめました。

流動性の高い材料: 樹脂ペレット、顆粒およびフレークなどの容易に流動性の高い材料は、通常シングルスクリューフィーダで供給されます。あらゆる材料特性と供給条件に対応するために、様々なスクリューサイズ、スクリュータイプが使用可能です。また、バルクソリッドポンプ(BSP)フィーダと振動フィーダは、これらの材料を優しく扱うことができ、同時に高い供給精度を提供します。優れた供給精度で材料を供給するBSPフィーダは、特許取得した置換作用の技術を採用しています。

流れやすい材料: フュームドシリカ、石膏、珪藻土などの微細な粒子で構成された材料は、正しく制御しなければホッパー充填時や材料供給中に、液体のような挙動を示す可能性があります。このような材料の場合には、通常、ツインスクリューを備えたフィーダが最良の選択になります。ツインスクリューの羽根は、材料の流れを制御するバルブとして機能します。

流動性の低い材料: グラスファイバーやゴム系の材料のように流れにくい材料の場合、より適切に材料供給を制御するために、特殊なフィーダ設計やその他の流動化装置が必要になります。様々なオプションと組み合わせたスクリューフィーダと振動フィーダがよく使用されます。

凝集性のある材料: 酸化チタン、顔料、API、銅精鉱などの凝集性材料は、ホッパー内部でブリッジが生じたり材料が装置の表面に付着するなど、運転中に問題が生じます。このような材料は、コペリオンK-トロンのアクティフローのような、ホッパー攪拌装置を備えたツインスクリューフィーダで処理します。

壊れやすく砕けやすい材料:食品や繊維などの壊れやすく砕けやすい材料については慎重な取り扱いが必要です。重量式ベルトフィーダや振動フィーダ、またはロス・イン・ウェイト式ベルトフィーダは、このような材料を優しく供給できるよう設計されています。正しい構成であれば、シングルスクリューフィーダも選択肢の1つになります。

一貫性がある信頼性の高い供給の精度とプロセスの再現性がなければ、レシピ、つまり最終製品の完全性が損なわれることになります。これは、システムの信頼性、歩留り、そして生産ライン全体のコストパフォーマンスに直接影響します。